2013年09月29日

バングラデシュ 3日目 ボグラ後編

街中に戻って来て、まずは明日のタクシーの手配に取り掛かります。

相変わらず人だかりを従えて。
IMG_1273.JPG


IMG_1274.JPG


IMG_1277.JPG


「明日バハルプールまで行きたいんだけどタクシーチャーター出来ませんか?」って訊いて周ります。
殆どのバングラ人が???顔してますけど。
たまに話聞いてくれる人もいます。
旅行代理店みたいなとこに行ったらちょっとだけ日本語話せるバングラ人がいました。
タクシーなら俺が手配してやるぜ。って言ってたけど
なんだか胡散臭くて・・・
一生懸命親身になって教えてくれてるんだろうけど、どうも胡散臭くて・・・
なので電話番号だけ聞いてバイバイしました。

なかなかタクシーが見つかりません。
トゥクトゥクは山ほどいるんですが、100km以上の距離を走るアグレッシヴな運転手がいません。

どうにも困っているとラジオのDJマン?みたいなバングラ人に話しかけられます。
そいつとキミでずっと話し込んでるんだけど、またその周りがスゲー人だかりで
客観的に見て笑ってました。

そして俺の周りにも人だかり、マルの周りにも人だかり
この街でワンマンライブやったらそこそこ集める自信あります。
IMG_1279.JPG


IMG_1282.JPG


そんな人だかりで囲まれている時、キミはスリにやられかけました!
キミが俺のとこにやってきて
「ウォーレットチェーン切られました!」って。
マジ?って見てみると
財布とズボンを繋ぐ皮ひもがナイフのようなモノでスパッと切られてました。

どういう感じだったのか話を聞くと
「最初、なんかケツを触られてる感じがしたんです」
「そして財布を引っ張られてるような感じがあって」
「気づいたら紐切られて財布を取られそうになってました」
との事。

スリはどうした?って訊くと
顔を伏せたまま逃げていきました。と。

危なかったねぇ、相手はナイフも持ってるみたいだし。何事もなくて良かった。
っつうか随分ヘタクソなスリで助かった。

IMG_1283.JPG

(多分この中にスリいます。気をつけて下さい)

やはりこれだけ人だかりを作って注目集めてたら色々あぶねぇかもね。
っつうか意図して注目を浴びてるわけじゃねぇんだけど
勝手に人が集まってきちゃうだけなんだけど・・・

このままじゃヤバいと思ったので、さっきバスターミナルで知り合ったバングラ人に電話する事にした。
日本に住んでたことがあって日本語が話せるバングラ人。
キミと話し込んでるDJマンに「ちょっと電話貸してくれ」って頼んで
そのバングラ人に電話します。


「俺ら、明日のタクシー捜してんだけど全然見つからない。しかも今スリに遇いそうになった。ヘルプミー!」って。
すると15分で来てくれるって。
優しいなバングラ人。


そんな日本語を話せるバングラ人の名は「ムイン」さん。
ムインさんに世界遺産バハルプールまでどうやって行ったらいいかとか
知ってるタクシー運転手いないかとか、この街でビール買えるとこは無いかとか
色々相談しました。

じゃぁとりあえず一緒に飯食おうぜ!って事で街一番のビリヤニ屋に行く事に。
バングラ料理のビリヤニ。
俺はすっかりハマってます。
たいしてウマくもないけどハマってますw。
IMG_1291.JPG



そんな感じで一緒に飯食って、ビールを買える所に一緒に行ってもらって
屋台で焼き鳥食ったりしてホテルまで送ってもらいました。
IMG_1290.JPG

(左がムインさん、右はムインさんの友達のドライバー)
ムインとその友達優しかった〜〜〜

IMG_1293.JPG

(1本5円ぐらいです)

結局明日のタクシーの手配はまだ出来ず。
頼みの綱はホテルのフロントです!
フロントに行って明日の俺らの行動を伝えて、そこまで行ってくれるタクシーがないか相談。
するとホテルの従業員が行ってくれるかもって。
明日出勤したら聞いてみるから。朝6時半に来なさいとの事。
値段はまぁまぁな価格提示されたけど、でもこのチャンスを逃したらもう動けなくなっちゃうし
とりあえず明日の朝もう一度交渉するって事で就寝。
もちろんマルはソファーベッドですが。


続く。


posted by サトパー at 11:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バングラデシュ 3日目 モハンスタン編

無事に寝床も決まったのでまずは駅に向かいます!
(駅好きだよねぇ 俺らw)

今回こそは寝台列車の切符を確保するぞ!って息巻いて駅に向かいます。
んでCNGに乗って近くの駅に行くが寝台列車は無かった・・・
どうやらここはローカル列車しか通らない駅らしい・・・
またもや列車の切符がGET出来ず、諦めて街中へ戻る。
IMG_1221.JPG


明日にはバハルプールって言う世界遺産を見て更に次の街に移動したいのです。
ボグラからバハルプールまでは車で2時間ぐらいらしく
更にそこから1時間ぐらいのところのジョエプルハットって町の駅には長距離列車が停まるらしい。
何とか明日中に世界遺産を見てまわって長距離列車に乗れたらラッキー!
明日中に長距離列車でひたすら南下出来たら諸々無駄が無い。

まぁでもこの駅からでは長距離列車の切符は手配も出来ず、列車の時間も分からないとの事。
明日ジョエプルハット駅まで行ってみないと分からない。

そしてボグラの街で情報収集につとめます。
なんとか明日世界遺産を見てからの電車が可能かどうか。


その前に、ボグラにある「モハンスタン」って言う遺跡を見に行きます。
どうせたいしたこと無いんだろうけど、折角ボグラに来たから一応見に行きます。

トゥクトゥクに乗ってモハンスタンへ。
行きは150タカ。
IMG_1240.JPG

(左に映ってるのがトゥクトゥク運転手)

IMG_1265.JPG


んでモハンスタンはホントにたいしたこと無い遺跡でした。
見ても見なくても良い遺跡でした。
さらっと見てもう帰ります。
IMG_1256.JPG

(ダッカでは殆ど居なかったけど、ここには女性がいました。イスラム教なのであんまり外に出ないらしい)

そんで
帰りも行きと同じトゥクトゥクで帰るのですが
何故か帰りは200タカ・・・
しかも帰りの途中で自転車をハネます・・・
いきなり出てきた自転車をハネます・・・
スゲービックリしたけど運転手は気にせず走ります。

あぁ、一人ぐらいハネてもいいんだね、この国は。



そんな感じで街中に戻ってきたー。
IMG_1270.JPG

(揚げ物食べてみた。普通にウマかったけど、材料はなんだか分からない)


続く
posted by サトパー at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バングラデシュ 3日目 バス〜ホテル編

バングラ3日目の朝、今日はボグラと言う街を目指します。
昨夜、ホテルのフロントにボグラ行きのバスをアレンジしてもらったので
指定の朝6時45分にフロントに行きスイートルームをチェックアウト!

って思ったけど、ホテルの朝番の奴がフロントで寝てる・・・
(床に布団ひいてしっかり寝てます)
俺ら6時45分にフロントに来て7時に出発って言われたから早起きしたのに!
でも朝番のフロントマンは何も聞かされてないみたいでキョトンとしてます。

とりあえずバスターミナルまで行くからタクシー手配してくれって頼む。


そして20分後、ようやくCNGをつかまえていざバスターミナルへ。

ボグラ行きのバスはガブトリバスターミナルってとこから出発です。
バスカウンターでチケットを購入すると3人で1650タカ。
高いのか安いのか分かりませんが、3人で2000円弱なら安いと思う。
しかも念願のクーラー付のバス!

バス乗り場でも注目度はナンバー1です。
じっと見てきます。
もう慣れましたけど。
普通にベンガル語で話しかけられるのも当たり前になってきました。

ちなみに3日目あたりになると俺らも
バロラゲ(気分が良い)、ゴロムラゲ(暑い)、コトタカ(いくら?)、
アバルデカホベ(また会いましょう)ぐらいのベンガル語は使いこなせるようになってます。


そんなこんなで朝8時発のバスにライドン!
車内は空いてます。
俺ら3人は後ろのほうの座席をふんだんに使います。
一人2席ぐらい使っても余裕なほど空いてます。

そして走ること30分、なんだか凄く寒いです・・・
一番後ろに山積になってる毛布を借ります。

3枚借ります。

それでも寒いです。

キミは毛布7枚使ってます。

地元の人も頻繁に毛布を取りに来ます。


皆寒いようです・・・。


じゃぁクーラー切れよ!って誰もが思うのですが
一向にクーラーを消す気配はありません。
あきらかに設定温度5度とかだと思います。

凍え死ぬかと思うぐらい寒いです。

どのぐらい寒いかっつうと、クーラーの冷気で車内の通路がびしょびしょになる程。
下に荷物を置いてたキミのバッグがびしょぬれになった。
ホントに寒いんです。
バカじゃねぇかと思うぐらいキンキンに冷えてます。
あれならマグロも運べます。

あとね、車内でも心を開いてはいけないって事を学びました。
迂闊に心を開いてバングラ人の相手をしちゃうと
寝かせてくれません。
ずーっと話しかけてきます。
俺は寝たフリ決め込んでましたけど、隣のキミは前から後ろからずっと攻撃されてます。
IMG_1207.JPG


そして昼の12時、休憩所に到着。
どうやらここでお昼を食べるらしい。
あとどのぐらい時間かかるか分からないので俺らも食べておきましょう。
IMG_1203.JPG



昼食後、更に1時間半ぐらい走って13時30分にボグラ到着です。

俺たち、今回はゴキブリが怖いので全てスイートルームに泊まろうって計画してました。
なのでボグラでも一番の高級ホテルに向かいます。
プール付の高級ホテル「ナスガーデンホテル」目指します。


バスターミナルでバスを降りてCNGに乗り換えて5分、
ナスガーデンホテルに到着です。
スゲー立派なホテルです。
ここにプールもついてるんだー!って、
本来はテンションあがるはずなのですが、何せ来る時のバスが寒すぎて・・・

体が芯から冷えております・・・
プールとかどうでもよくなってます・・・
ダッカに居る時から「ボグラではプールで遊ぼう!」って張り切ってたのに
すっかり冷えちゃってナスガーデンホテルに魅力を感じません・・・
しかも1部屋、9000タカ。(日本円で1万円弱)
ちょっと高いし、周りに何も無いし、プール入るには寒いし・・・

と言う事で違うホテル目指します。
もうちょっと街中に近いホテルに移動します。

そしてCNGでまた5分、今度はポルジャトンモーテルってホテルに行ってみた。
ここはスイートルームが4000タカ。
一人1500円しないぐらい。
ならここに泊まりましょう!って事でチェックイン。
IMG_1220.JPG


でも、スイートルームはダブルベッドが一つとソファーしかない。
ダブルベッドに2人寝るとして、もう一人はソファー?
ホテルの人に「エクストラベッドは入れられるか?」って訊いたけど
ベッドは無いらしい。
その代わりソファーで寝れるようにアレンジしてくれるって。


それがこの次の写真です。
ここからホテルマンのコントのような写真をご堪能下さい。(字幕つき)
hotel1.JPG

「じゃぁ俺らベッドメイキング兄弟に任せておけ!ww」


hotel2.JPG

「お兄ちゃん!このソファーをベッドにアレンジするよ」

hotel3.JPG

「こんな感じかなぁ〜 あ、全然足らねぇwww」


hotel4.JPG

「ちょっと高さが違うから毛布で調整すっか。どれ、ちょっと寝てみようか」

hotel5.JPG

「あててててて、ちょっと、ちょっと、いてててててて、助けて〜〜〜」


hotel6.JPG

「なにやってんだよお兄ちゃん! ほらつかまって!」

hotel7.JPG

「はい、できました」



できてねぇーよ!
っつうかおもしれーよ!
おっさん二人が30分ぐれぇずっとやってんだもん。
バカ兄弟のコントを見てるようでしたw


ちなみに俺らの旅行は何事もジャンケンで決める決まりがあります。
年齢、役職、地位、名誉など全て無視して平等にジャンケンして決める事が殆どです。
こういった一人だけエクストラベッドって時も必ずジャンケンで決めます。

この日はマルがジャンケンに負けてソファーベッドとなりました。
俺はジャンケンに勝手ダブルベッドの下手側です。キミは上手側。
っつうか
ジャンケンで勝ってもベッド半分って微妙ですけどね。


続く


posted by サトパー at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

バングラデシュ 2日目 後編

舟で30分遊んで下船。
まぁのんびり出来たと思います。

そして今度はオールドダッカの中心部に買い物へ。
今までお土産屋らしいお土産屋を全然見かけてないのです。
さすがにオールドダッカにはあるだろう。

オールドダッカにあるボンゴバザールってとこに行ってみた。
しかし、お土産らしい品は無い。
日常品しか売ってない。地元の人が買いに来る程度のバザール。
しかし何かしら買いたい!お土産でも買わないとお金が減らない。
大量のタカを持ったまま旅行終わっちゃったら勿体無い。

って事でちょっとでも土産になりそうな物を物色。

なんとかTシャツ屋さんを見つけて、ここでちょっと買い物をする事に。
ダサいシャツしかないけど、とりあえず見てみるか〜ってウロウロしてたら
たちまちバングラ人に囲まれてます。
ただ買い物してるだけなのに身動きが困難なほど人だかりが出来ちゃいます。

人が群がってくるから暑くて暑くて・・・
だから俺たち3人はジュースを買って休憩することにしたんです。
バザールの中にあるベンチに座ってジュースを飲んでました。

するとやはりここにも人だかりが出来ます。
もうほっといて欲しいんですけどー!って言っても通じません。
どんどんどんどん人が増えていきます。
ただ見てる人、何とか話しかけてくる人、携帯で写真を撮ってくる人
様々なバングラ人に囲まれて、また暑くなります。

数分後、あまりの人だかりに見かねて警備員がやってきた。
あぁ、これでちょっと人がどっか行ってくれるかな。
警備員さん、少し人を追い払って!

と、思ったら警備員さんが
「あんたら旅行者か? ちょっと移動してくれないか? あんた達がここにいると収拾がつかなくなる」
更に
「申し訳ないけどあんたらどっか行ってくれ・・・」って言われた・・・。

ただ俺たちは買い物途中で休憩してただけなのに!
結構な理不尽です。
でも、あの人だかりを見ちゃうと俺らも申し訳なくなってきちゃって・・・
なので移動しました・・・

そんな国です、バングラデシュって国は。


そして暗くなって来たのでホテルに戻り、さっき買ったTシャツやポロシャツを着てみます。
今更試着してみます。

んで、袋から出したTシャツなんですけど、凄い臭いんです・・・。
何の臭いかわからんけど、ホコリっぽいカビっぽい、何とも言えぬダッカ臭・・・
笑っちゃったよ。
買ったばっかりの服がスゲー臭いんだもん。
しかも全部がサイズ小せぇの!
着たら全部ピッチピチ!
ムッチムチ!
IMG_1183.JPG


もう笑うしかなかった。
臭いし小さいしダサいし・・・
初めて買ったお土産がこれだもの・・・



笑いすぎて腹痛かったけど、気を取り直して夜の街へ!



道行くリキシャマンにBARの場所を聞いてビールを買いに行く。
バングラデシュはイスラム教なのでその辺では酒売ってません。
かなり怪しいBARみたいなトコに行かないと売ってません。
俺は呑まないけど、友達2人は呑むので買いに行ってみた。


物凄く細い階段を上り、真っ暗な店へ。
そこで1杯呑んでテイクアウトで何本か買って、そして夜ご飯を食べに行きました。


今日、二日目の晩御飯はバングラ料理!
パッサパサのチキンと郷土料理のビリヤニです!
IMG_1184.JPG


IMG_1189.JPG

一応炊き込みご飯です・・・
味はあります。


以下はおまけ画像です。


なんか遠くからスゲーの来んなぁーって思って激写!
IMG_1141.JPG


たった一人でうちの荷物より多い荷物を運ぶチャンリコマン!
IMG_1142.JPG


すげーぞこいつ
IMG_1143.JPG


しかもチャリンコ2台分??
IMG_1144.JPG


何を運んでるのか知らんけど
一人で運ぶ量超えてねぇかい?


そんな国バングラデシュの2日目でした。

続く
posted by サトパー at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バングラデシュ 2日目 中編

雨もやんだので再び街を探索に出かけます。

今度はオールドダッカと言うあたりに向かって見ます。
ホテルの前からCNGを捕まえてオールドダッカのほうに向かってもらいます。
そのあたりにショドルガットという川っぺりの名所?があるみたいなんで。

またもや渋滞に巻き込まれ30分ぐらいかかってショドルガットへ。
相変わらず人多しです。しかも暑いです。
まずは昼飯食おうぜって事で食堂を探します。

しかしなかなか食堂がありません。
道行く人に尋ねながら、30人ぐらいに囲まれながら、飯場を探してるだけで結構な体力です。
そして
やっとファーストフードみたいな店をみつけました!

その名も「AFC」!
IMG_1148.JPG


KFCではありません、AFCです。
何フライドチキンなのか分かりません。
AFCです。
IMG_1149.JPG



AFCはとても狭く、10人ぐらい入ったらもう満員です。
そこで昼食をとることにします。

ショーケースにはチキンっぽいのが置いてあります。
パンもあります。
何ならスパゲティっぽいのもあります。
ショーケースの中には蚊と蝿の間ぐらいの大きさの見たこと無い虫もいます。
相当怖いです。
IMG_1151.JPG

IMG_1147.JPG



でも頼んでみました。
我ながら勇気あると思います。

味は普通です。
やたらとコロモの多いチキンをパンで挟んだだけのハンバーガーと
見た目どおりの味のスパゲティと、尿検査で使う感じのプラスチックのコップにコーラ。
普通です。
不味くはないです。
ただ、衛生的に問題がありそうなだけです。
あと、中途半端なコーラの量も納得がいかなかったけど。
写真と全然違うじゃん!尿検査コップじゃん!
IMG_1150.JPG




そしてランチ後、ショドルガットってとこで舟にチャレンジします。
システムが良く分からないけど入り口みたいなとこで4タカ払いました。
4タカで舟に乗れるなら安くない?って思って皆の分出してやりました。
舟奢ってやりました。
IMG_1152.JPG


しかし4タカで買ったチケットを持って舟に近づいていくと、新たな勧誘がやってきます。
「舟乗るか? じゃぁ1時間で500タカだよ」って。
え?
じゃぁさっきの4タカは何代なの?

たしかに安すぎると思ったけど、4タカは何?

意味不明なまま呆気に取られているとどんどん舟のほうに連れて行かれます。

ハッと冷静になって「いやいや!500タカは高くねぇか!?」って抗議します。
抗議と言うか値段交渉ですね。
500タカって日本円にすると600円ぐらいです。
高くもないけど、4タカで乗れると思ってからの500タカなので異様に高く感じてしまい
半ば怒り気味で交渉します。

500タカはありえない!
いや、500タカで1時間も乗れるなら安いぞ!
いや、もっと負けろ!
いいや500タカだ!

じゃぁ30分でいいから150タカにしろ!

OK、150タカで30分な。

ってな感じであっという間に交渉成立。
こんなに簡単に交渉成立するなら、もっと安く出来たかもって後悔しながら乗船。
IMG_1155.JPG


続く
posted by サトパー at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バングラデシュ 2日目 前編

バングラデシュ二日目の朝、9時起床!
今回はフルスイートを目指して良いホテルにばっか泊まる予定なので
当然朝飯もついてます!

と言う事で、まずはホテルの朝食ビュッフェを食べに行きます。

何があるのかなぁ〜って期待して行ったら、案の定カレーばっかでした・・・
カレーと、カレーっぽいのと、意味分からない食べ物と果物
そんな感じのビュッフェです。
とにかくカレーが辛かった。
IMG_1097.JPG


朝飯も食って満たされたので、まずは駅に向かいます。
昨夜、駅に行っても何の情報も得られなかったのでリベンジです。

昨日はCNGと言うトゥクトゥクみたいなタクシーで行きましたが
今日は散歩がてら歩いて行ってみます。
まぁ昨日の帰りに歩いて帰って来たので道順は大丈夫だと思う。
IMG_1104.JPG


IMG_1110.JPG


しかし、一歩外に出てみたら昨夜と風景が違う!
何が違うって人がスゲー多い。
更には人の数を上回る程のリキシャの数。
噂によると首都ダッカだけでもリキシャ100万台が走ってるらしい。
IMG_1106.JPG


そんな人とリキシャの街ダッカを歩いてると、いきなりリキシャに轢かれました・・・
轢かれたっつうか車輪の出っ張りに思いっきりぶつけられました・・・
凄く痛いです・・・

痛ぇー!って叫んでると、心配したキミがやって来て「大丈夫っすか?」って言って
そしてキミも轢かれました。
恐るべしリキシャ!
IMG_1105.JPG


まぁそんな感じで昼間でも歩いてると注目度高いです。
昼間だから余計にか、物凄く注目されてます。
「なんだこの外人は?」的な感じでスゲェー見てきます。
IMG_1128.JPG


「立ち止まったらダメだ!」って皆で言い合いながら歩きました。
ちょっと立ち止まって商店を覗こうもんなら
たちまち人だかりが出来ます。

昼間でただでさえ人が多いのに、更に増えます・・・
大統領並みに囲まれます。


そんなドラゴンクエストばりに人を従えて駅に着くと物乞いの嵐!
ストリートチルドレンが「金くれ!金くれ!」って凄い寄って来ます。
ひゃくぱー無視しましたが、かなりしつこいです。

その時、バングラデシュに来て初めて欧米人の3人グループを見かけました。
(後にも先にも欧米人というか旅行者を見たのはこれっきりです)
俺ら以外にも旅行者いるじゃん!ってちょっと感動です。

そして群がるストリートチルドレンに向かって
「ほら、あっちの外人とこに行ってみ、金くれるぜ」的な事を言って追っ払いました。
子供たちは欧米人のほうに走って行きました。

そして駅の窓口で「ボグラ」と言う街へ行く電車があるかどうか聞いてみたら
ナッシングと言う事です・・・
今日の夜にでもここから寝台列車で次の街に向かおうと思ったけど
ボグラまで行く寝台列車とか無いらしい。
ってゆうかよくわからない。英語なのかベンガル語なのか・・・。


そういうわけで列車で向かうのは諦め、一旦ホテルに戻って作戦会議をしよう。

俺たち3人は、一台づつリキシャをチャーターしてホテルに帰ります。
俺の乗ったリキシャとキミの乗ったリキシャは、渋滞に巻き込まれながらも20タカでホテルへ戻ります。
しかしマルの乗ったリキシャは渋滞を回避するつもりで遠回りし、50タカでホテルへ。


ホテルへ着いて部屋で一服してると急にホテルマンが2人部屋に入ってきた。

「ベッドメイクとかいつでも言ってね、何か必要なもんあったら言ってね」とか
やたらフレンドリーに話しかけてきます。
はいはい、わかったよって言ってもなかなか部屋から出て行こうとしません。

そのうち「これは日本のタバコかい?1本ちょうだい」って図々しく言って来ます。
まぁ1本ぐらいあげますけど〜
そしたらおもむろに火をつけて吸いはじめます。

おいおい、あんたら仕事中じゃねぇのかい?
まぁいいけど、フランクすぎないかい?
って思ったけど、気づいたら外は豪雨なのでホテルマンとしばらく会話しました。

30分ぐらい部屋に滞在してたかなぁ
日本ではまずありえない光景です。


そして何故か記念撮影・・・
IMG_1134.JPG


続く。
posted by サトパー at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

バングラデシュ 初日後編

HOTEL 71はWi-Fi使えます。ここでツイッターやらFacebookやらUPしました。
そしてまずは市内観光!
もう夜の21時ですけど、もしかしたら夜はデンジャラスかもしれないけど
外に出てみない事には始まらない。
ってゆうか明日以降の予定がなんとなくしか決まってないので、
とりあえず駅に行って寝台列車の切符とかあるのかとか、時間は何時の列車があるのかとか聞いてみよう。

という事でHOTELを出てCNGと言うトゥクトゥクみたいなタクシーに乗り駅に向かう。
HOTELから駅まで150タカ(どうでもいい情報)

そして駅に行くと窓口が閉まってる・・・
駅員っぽい奴に「切符買いたいんだけどー!」って訴えたら別室に案内された。
その別室に居た係員みたいなやつに寝台列車の事を聞いたら
「今日はクローズだから明日来なさい」的な事を言われた。
じゃぁ別室に案内すんなよ!って思ったけど、まぁいいか。


駅まで来るときはCNGで来たけど、意外と近かったから帰りは歩いて帰ろうぜ!って事にした。

不安ありました。
初めて来た異国でしかも夜。
歩いていいのかどうなのか。

でも歩いて帰る事にしました。
なるべく明るい道を選ぶようにして帰ります。
IMG_1083.JPG


しばらく歩くとちょっとした商店とかがある通りに出ました。
IMG_1082.JPG



ここならお店もあるしちょっと人もいるし安全じゃない?って感じで
その通りを歩いていると
俺たち3人、気付ば10人ぐらいになってます・・・


え?
誰??

っつうか何?


何でも無いんです。
ただただ日本人が珍しくてついてきちゃうだけなんです・・・
何もするわけでもなく、ただ見たいんです。



それが倍々ゲームで増え続けるんです。
観光客の俺らを観光するバングラ人が。
IMG_1088.JPG


気づけばもう50人はいます。
IMG_1089.JPG


IMG_1092.JPG

中央のおじさんはずっとカメラ目線です・・・

IMG_1093.JPG


俺とマルとキミの間に数十人います・・・

暑いです・・・
IMG_1085.JPG


IMG_1086.JPG


IMG_1087.JPG




嘘のようで本当の話です。

そして勝手に携帯を向けて写真を撮ってるんです。
俺たちを。


怖いっつうか笑っちゃいます。


その数十人の中にちょっと英語が話せつ奴がいたりして、ちょっと話してると
あっという間に囲まれます。無口のバングラ人に。
何を話してるんだ?って凄く興味あるんでしょうね、日本人に。
人の波をかき分けるようにしてマルやキミのもとへ行こうとすると
向こうは向こうで囲まれて写真撮られてって光景が・・・

びっくりしますよ。
俺らスターかよ!


そんなバングラデシュの旅はまだまだ続きます
posted by サトパー at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バングラデシュ 初日前編

バングラデシュ行って来ました。
何故か分からんけどこの国に行って来ました。
40歳ぐらいの男3人で行って来ました。
特に目的はないです。

成田を出発して中国の香港を経由してバングラデシュに着いたのは夜の20時。
あまり情報が無い国なので空港から一歩出たらどうなるかわかりません。
かなりの発展途上ってのは知ってますが、どれほどなのか
完全に未知の世界です。

という事で空港内で現地の通貨「タカ」に換金し、いざ入国!

ってゆうか超目立ってます!日本人目立ってます。
空港にいるバングラ人が全員こっちを見てきます。
あれ、もしかして結構ヘビーな国に来てしまったかな?

とりあえず空港を出てタクシーを探します。
(空港内のタクシーは高いので)

そして白タクの運ちゃんと交渉開始。
空港内では1000タカ以上もするが、何とか700タカで市内まで行ってもらうこと成立。
IMG_1078.JPG

(暗くてわからないと思いますがフロントガラスはガッツリ割れてます)


そういえば、バングラデシュはゴキブリが凄いらしい。
旅行前からそんな要らん情報をもらったので、ちょっとキツイです。
今回旅した男3人、全員ゴキブリが大の苦手です。
なので、いつものように安宿は泊まらないようにして高級ホテルに泊まってやろうぜ!って感じで
日本から初日の宿だけは予約しておきました。
その名も「HOTEL 71」
高級ホテルです。お湯が出ます。クーラーもあります。Wi-Fiも使えます。
そんな高級HOTEL 71に向かいます。


んで乗ったタクシーの運ちゃんがまたダメそうな奴なんです。
ちょっと走ったらすぐ停まって、道行く人に道を聞いてるんです。
とりあえずせめて市内に向かおうよ!
まぁ言葉が一切通じないのでそうも言えず、運ちゃんに任せました。

するとまた5分ぐらい走って「誰か一緒に来てくれ」みたいなジェスチャーをしてきます。
なんだ?って思って代表者の「マル」が運ちゃんについて建物の中に入っていきます。
IMG_1080.JPG



どうやらこの中でホテルの場所を確認してるらしい。
日本から持ってきたガイドブックをバングラの大人達が皆で見て
やれアソコだろう、いやこっちだろう?とか
10分ぐらい出てきません。
IMG_1079.JPG


その間、タクシーに取り残された俺とキミは、周りのバングラ人から熱い視線を頂戴します・・・

この国、スゲー、なんか面白い事になりそうかも。。。


という事で、場所を理解した運ちゃんとマルが戻ってきてタクシーに乗り込みます。

そしてまた5分後、空港近くの高級ホテルに入っていきます。
「ココじゃねぇよ!あんだけ皆で話し合ってまだ理解してねぇのか!」
3人がかりで運ちゃんを責めます。

今度はマルとキミと運ちゃんで高級ホテルのフロントに聞きに行く羽目に。
高級ホテルなら英語通じるでしょう。
その間、俺はタクシーから降りてホテルの駐車場でタバコを吸ってると
あっという間に15人ぐらいの若者に取り囲まれました・・・

別にからまれた訳じゃないみたい。
単に日本人が珍しいみたい。
その中の一人がちょっとした英語話せるみたいで会話出来ました。
「あんたは日本人か? なにしに来たんだ?仕事か?」
「いや、観光だよ」
「観光?!」

みたいな会話です。
バングラデシュに観光で来る人がホントに珍しいみたいで、その後もバングラ人から「仕事で来たのか?」って質問が多かったです。

そんな感じでバングラデシュの洗礼を受けていると、やっとタクシーの運ちゃんとマルとキミが戻ってきて
「今度は大丈夫みたい!ちゃんと理解したっぽい」って。

そしてみんなでタクシーに乗り込んで、じゃ疲れてるしさっさと行こうぜ!
駐車場からバックで出ようとしたタクシーは焦っていたのか、バックで人を撥ねました・・・・

まじかよ!

バン!って音がしたよ。

ってゆうか俺はバックしてる時に後ろ見てたから目撃したけど
普通に人がこっちに手を出して停まれ!って言ってる姿でハネられました。

まぁ軽くだったの大丈夫みたいです。

まじか・・・

そんな国バングラデシュです。

タクシーの運ちゃん、どんだけ焦ってんのか「ごめんよ プップー!」ってクラクションを鳴らし
いざ市内へ向かい、無事HOTEL 71にチェックイン!
ホテル代は一人2000円ぐらいです。かなり高めです。
これでゴキブリに出会わなくて済むぜ。
IMG_1081.JPG


続く
posted by サトパー at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。