2013年10月19日

国境越え

朝早くホテルをチェックアウトして駅へ。

窓口で国境の町までの切符をGET。
しかし長距離列車じゃないのでファーストクラスとか無く、普通のセカンドクラスのみ。
まぁでも2時間ぐらいなので大丈夫でしょう。

という事でたしか朝8時に乗車。
6人掛けの椅子が空いてたので皆で座れた。
しかし、乗車直前にどんどんどんどん人が乗ってきてあっという間に乗車率200%ぐらいに・・・
IMG_1435.JPG


3人、3人で向かい合ってる席があるじゃないですか?
その向い合ってる人と人の間に7人目の人が立つと言う画期的な乗車法のバングラ電車。
笑っちゃいます。
隙間と言う隙間に人が入ってくるんです。
IMG_1434.JPG


IMG_1433.JPG


でも国境までは2時間だから我慢します。
ホントにウザいけど我慢します。

途中でタバコを吸いに行こうと思って立ち上がってデッキのほうを見て、
空いてるっぽいので近づいて行ったら・・・
人がいっぱい寝てました・・・www
IMG_1436.JPG



寝てたから遠くからは見えなかっただけで、
歩く隙間もないほど寝てました・・・

なのでタバコは諦めた。


色々あったけど端折ります。

そしてバングラデシュとインドの国境の町へ到着。
電車を降りて駅から出るとタクシーの勧誘の嵐。
No!サンキュー!って大声を出しながら振り切って大通りまで出ます。

実際、イミグレーションが何処だか分かってないけど、
でも駅にいるタクシーはたいてい高いって思ってるので
とりあえず大通りに出てから人に聞いたりして、距離と相場を確認してから、
改めてタクシーを捕まえて交渉します。

そして交渉成立したタクシー(トゥクトゥク)に乗りイミグレーションへ。

途中渋滞もあり時間がヤバいです。
バングラの国境の町に着いたのが1時。
国境を越えてインド側の電車の出発時間は2時。
1時間しかありません。
これからイミグレへ行って手続きをして国境を越えて、更にインド側でトゥクトゥクに乗って駅まで行かなければなりません。
超急がなければ!


そしてイミグレーションへ着くと一人の若者が近寄って来て「出国の手続きはこっちだ!」って教えてくれます。
ホントかなぁ?って思いながらも時間が無いのでついていきます。

そして若者の指導の下、出国手続きを終え、時間が無いので優先して出国スタンプ押してもらいます。
すると、色々教えてくれた若者が「チップ!!」って言って来ました。

そうなんです、タダじゃないんです。
チップ目当てで色々教えてくれただけなんです。

でもぶっちゃけ、この若者が居なくても俺らは何ら問題なく出国手続きぐらい出来ます。
だから
「NO!俺たちは急いでる!」って若者を振り切って境界線に向かってダッシュです。
当然若者は追いかけてきます「チップ払えよ!」って言いながら。

そんなもん無視です。
悪いねぇ〜 俺らそんな時間ないんだよねー
そう言って追いかけてくる若者を振り切って無事出国。
バングラ人の若者はこの境界線を越えられません。
俺らの勝利です。

という事で無事にインド入国!!!!!


んで、ここからの電車が相当キツイんですよ。


続く。


posted by サトパー at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。