2013年09月25日

バングラデシュ 初日後編

HOTEL 71はWi-Fi使えます。ここでツイッターやらFacebookやらUPしました。
そしてまずは市内観光!
もう夜の21時ですけど、もしかしたら夜はデンジャラスかもしれないけど
外に出てみない事には始まらない。
ってゆうか明日以降の予定がなんとなくしか決まってないので、
とりあえず駅に行って寝台列車の切符とかあるのかとか、時間は何時の列車があるのかとか聞いてみよう。

という事でHOTELを出てCNGと言うトゥクトゥクみたいなタクシーに乗り駅に向かう。
HOTELから駅まで150タカ(どうでもいい情報)

そして駅に行くと窓口が閉まってる・・・
駅員っぽい奴に「切符買いたいんだけどー!」って訴えたら別室に案内された。
その別室に居た係員みたいなやつに寝台列車の事を聞いたら
「今日はクローズだから明日来なさい」的な事を言われた。
じゃぁ別室に案内すんなよ!って思ったけど、まぁいいか。


駅まで来るときはCNGで来たけど、意外と近かったから帰りは歩いて帰ろうぜ!って事にした。

不安ありました。
初めて来た異国でしかも夜。
歩いていいのかどうなのか。

でも歩いて帰る事にしました。
なるべく明るい道を選ぶようにして帰ります。
IMG_1083.JPG


しばらく歩くとちょっとした商店とかがある通りに出ました。
IMG_1082.JPG



ここならお店もあるしちょっと人もいるし安全じゃない?って感じで
その通りを歩いていると
俺たち3人、気付ば10人ぐらいになってます・・・


え?
誰??

っつうか何?


何でも無いんです。
ただただ日本人が珍しくてついてきちゃうだけなんです・・・
何もするわけでもなく、ただ見たいんです。



それが倍々ゲームで増え続けるんです。
観光客の俺らを観光するバングラ人が。
IMG_1088.JPG


気づけばもう50人はいます。
IMG_1089.JPG


IMG_1092.JPG

中央のおじさんはずっとカメラ目線です・・・

IMG_1093.JPG


俺とマルとキミの間に数十人います・・・

暑いです・・・
IMG_1085.JPG


IMG_1086.JPG


IMG_1087.JPG




嘘のようで本当の話です。

そして勝手に携帯を向けて写真を撮ってるんです。
俺たちを。


怖いっつうか笑っちゃいます。


その数十人の中にちょっと英語が話せつ奴がいたりして、ちょっと話してると
あっという間に囲まれます。無口のバングラ人に。
何を話してるんだ?って凄く興味あるんでしょうね、日本人に。
人の波をかき分けるようにしてマルやキミのもとへ行こうとすると
向こうは向こうで囲まれて写真撮られてって光景が・・・

びっくりしますよ。
俺らスターかよ!


そんなバングラデシュの旅はまだまだ続きます


posted by サトパー at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バングラデシュ 初日前編

バングラデシュ行って来ました。
何故か分からんけどこの国に行って来ました。
40歳ぐらいの男3人で行って来ました。
特に目的はないです。

成田を出発して中国の香港を経由してバングラデシュに着いたのは夜の20時。
あまり情報が無い国なので空港から一歩出たらどうなるかわかりません。
かなりの発展途上ってのは知ってますが、どれほどなのか
完全に未知の世界です。

という事で空港内で現地の通貨「タカ」に換金し、いざ入国!

ってゆうか超目立ってます!日本人目立ってます。
空港にいるバングラ人が全員こっちを見てきます。
あれ、もしかして結構ヘビーな国に来てしまったかな?

とりあえず空港を出てタクシーを探します。
(空港内のタクシーは高いので)

そして白タクの運ちゃんと交渉開始。
空港内では1000タカ以上もするが、何とか700タカで市内まで行ってもらうこと成立。
IMG_1078.JPG

(暗くてわからないと思いますがフロントガラスはガッツリ割れてます)


そういえば、バングラデシュはゴキブリが凄いらしい。
旅行前からそんな要らん情報をもらったので、ちょっとキツイです。
今回旅した男3人、全員ゴキブリが大の苦手です。
なので、いつものように安宿は泊まらないようにして高級ホテルに泊まってやろうぜ!って感じで
日本から初日の宿だけは予約しておきました。
その名も「HOTEL 71」
高級ホテルです。お湯が出ます。クーラーもあります。Wi-Fiも使えます。
そんな高級HOTEL 71に向かいます。


んで乗ったタクシーの運ちゃんがまたダメそうな奴なんです。
ちょっと走ったらすぐ停まって、道行く人に道を聞いてるんです。
とりあえずせめて市内に向かおうよ!
まぁ言葉が一切通じないのでそうも言えず、運ちゃんに任せました。

するとまた5分ぐらい走って「誰か一緒に来てくれ」みたいなジェスチャーをしてきます。
なんだ?って思って代表者の「マル」が運ちゃんについて建物の中に入っていきます。
IMG_1080.JPG



どうやらこの中でホテルの場所を確認してるらしい。
日本から持ってきたガイドブックをバングラの大人達が皆で見て
やれアソコだろう、いやこっちだろう?とか
10分ぐらい出てきません。
IMG_1079.JPG


その間、タクシーに取り残された俺とキミは、周りのバングラ人から熱い視線を頂戴します・・・

この国、スゲー、なんか面白い事になりそうかも。。。


という事で、場所を理解した運ちゃんとマルが戻ってきてタクシーに乗り込みます。

そしてまた5分後、空港近くの高級ホテルに入っていきます。
「ココじゃねぇよ!あんだけ皆で話し合ってまだ理解してねぇのか!」
3人がかりで運ちゃんを責めます。

今度はマルとキミと運ちゃんで高級ホテルのフロントに聞きに行く羽目に。
高級ホテルなら英語通じるでしょう。
その間、俺はタクシーから降りてホテルの駐車場でタバコを吸ってると
あっという間に15人ぐらいの若者に取り囲まれました・・・

別にからまれた訳じゃないみたい。
単に日本人が珍しいみたい。
その中の一人がちょっとした英語話せるみたいで会話出来ました。
「あんたは日本人か? なにしに来たんだ?仕事か?」
「いや、観光だよ」
「観光?!」

みたいな会話です。
バングラデシュに観光で来る人がホントに珍しいみたいで、その後もバングラ人から「仕事で来たのか?」って質問が多かったです。

そんな感じでバングラデシュの洗礼を受けていると、やっとタクシーの運ちゃんとマルとキミが戻ってきて
「今度は大丈夫みたい!ちゃんと理解したっぽい」って。

そしてみんなでタクシーに乗り込んで、じゃ疲れてるしさっさと行こうぜ!
駐車場からバックで出ようとしたタクシーは焦っていたのか、バックで人を撥ねました・・・・

まじかよ!

バン!って音がしたよ。

ってゆうか俺はバックしてる時に後ろ見てたから目撃したけど
普通に人がこっちに手を出して停まれ!って言ってる姿でハネられました。

まぁ軽くだったの大丈夫みたいです。

まじか・・・

そんな国バングラデシュです。

タクシーの運ちゃん、どんだけ焦ってんのか「ごめんよ プップー!」ってクラクションを鳴らし
いざ市内へ向かい、無事HOTEL 71にチェックイン!
ホテル代は一人2000円ぐらいです。かなり高めです。
これでゴキブリに出会わなくて済むぜ。
IMG_1081.JPG


続く
posted by サトパー at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

オイ

NEC_0086.jpgNEC_0085.jpgNEC_0087.jpg
最近バタバタしてて日記更新出来てないのでアホな甥の写真UPしておきます。

8月31日から9月8日までバングラデシュに行って来ますので、帰って来たらベンガル日記書きます!


ただの旅行自慢にしかなりませんが、少しでもバングラデシュを知ってもらえれば幸いです。
しかし今現在、私はバングラデシュの事を何一つ知りません。
気温も文化も物価も何も調べてません。
人任せです。

一体どこを経由して行くんだろう?

そんな感じで月末からバングラデシュ!
posted by サトパー at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

30派 名阪ツアー

この三連休に大阪と愛知にライブをしに行って参りました。

中年の週末は、ホントの中年の週末でした。

ボーカルは金曜日に甲子園へ野球を観に、他三人は京都へラーメン食べに。

野球チームはどんな感じだったのかよく分かりませんが、写真で見る限りでは楽しそうでした。
あ、これiフォンからだと写真投稿出来ないのね?

俺ら若手三人は、京都の新福菜館でラーメンを食べ、更に隣の第一旭でもう一杯食べ、江坂の安いホテルにチェックイン!
リズム隊二人はそこから十三へ呑みに行きました。

私も十三へ行ったけど、コーラ一杯飲んで帰って、部屋で細かすぎて伝わらないモノマネ王座を観てたw

ということで土曜は朝に徳島ラーメンを食べてから現地入り。
先輩方と戯れながら楽しくライブ終了。

ライブ後はすぐま安城まで移動して深夜にチェックイン。

あ、たんたんと日記書いてるから特に面白くないですよ。


んで安城でのライブはスゲー楽しい感じで盛り上がりました!
呼んでくれた凩のメンバーありがとう!

楽し過ぎたのか、珍しくメンバー全員が打ち上げ最後までいましたね。
途中でももクロを踊るドラマーのマーフィーも登場したり、ハメを外した一夜でした。

そして夜はノルマのLOST鑑賞。
眠過ぎて一話も観れず撃沈…。

いゃ〜 楽しい名阪ツアーでした。
そして満腹です。
食については、麺ばっか喰ってたような気がしますが、それなりに満足しました。

30派Tシャツも完売しまして、ありがとうございました!

帰りの車中からしたためております。
posted by サトパー at 14:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

北海道 最終日

早いもので北海道最終日。
もうこの2日間でだいぶノルマは達成したので満足度90%ですが、あと一分張りです。
もうひとつ大事な事を忘れてはイケません。

と言う事で朝10時、バスに乗って札幌中央卸売り市場へ。

海産物の宝庫ですね。


そして絶対に落とせない今回の超目玉


「ウニ丼」

もうこんな贅沢したバチ当たんだろ?って言うぐらい贅沢な代物です。
俺も今までウニ丼だけは食べた事が無いんです。
いつも金を心配して海鮮丼や3食丼にしてしまうんですが
今日だけは高くても奮発して「ウニ丼」に挑戦です。

と言う事で2200円(この辺では比較的安め)のウニ丼を食らってやりました!

015.jpg



これで完璧にグルメ旅行を遂行しました。

あとは東京へ帰ってダイエットを再開するだけです。


と言う事で新千歳空港。
何故か名残惜しくなり、味噌バターコーンラーメン食べちゃいました!

016.jpg


あざーす!


北海道ありがとう!
情報をくれた皆様方もありがとうございました!
posted by サトパー at 03:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道 2日目

2日目は旭川から始まります。
まずはホテルをチェックアウトして、朝飯代わりの「ラーメン青葉」
009.jpg


このラーメン、元祖旭川醤油ラーメン的な感じで味はウマかったのですが
ちょっとだけケツメドの匂いがしました。そこだけ気になりました。

でも美味しかったのでマル。

朝飯を食った後は「旭山動物園」へ。
まぁ実はこの動物園がメインで楽しみにしてたりするんですが
ブログではグルメについてだけ書きます。
旭山動物園の事は割愛させて頂きます。

午後14時、そろそろ昼を喰わねばなりません。
って事で次のお店は、同じ旭川にある「すがわら」と言うラーメン屋。

ここは、先日たまたま旭川へツアーに行ってた先輩がつぶやいていたラーメン屋でして
ちょっと気になってたので、同じくツイッターで情報を募ったら何人かから名前が挙がって来ました。
じゃぁ間違いないだろうと言う事で入店。

しかし、ここの店の一押しは「塩ラーメン」だそうで、旭川なのに塩?って疑問もありましたが
素直に食べました。

010.jpg


塩ラーメンのくせにウマかったです。
魚介だしって言うの?そんな感じで濃厚な塩ラーメンでした。

そして忙しい事に、札幌市へ戻ります!
15時に旭川を出発。
18時までにレンタカーを返せばいいのでちょっと余裕です。

だからサービスエリアでジャガイモを食べてしまいました。
イレギュラーです。
ホントは焼きとうもろこしが食べたかったけど、無かったので北海道産のジャガイモを食らう。
008.jpg


そして17時過ぎに札幌に着いてホテルへチェックインしてレンタカーを返して
最後の晩餐へ向かいます。

が!
この2日目の晩御飯は相当悩みました。
奥さんは「ラムしゃぶ」を、俺は海産物を。
でもどっちもありだし、あっちもいいしこっちもいい。
最後の晩御飯なのでミスはしたくない。

ホントに悩みました。
何度も家族会議を開きました。

んで結果、
ラムしゃぶはずっとラムしゃぶの味、しかし海産物は色々な味が楽しめる
と言う簡単な理由で海産物に決めた。

もう決まったらすぐ行動って事で
情報を頂いていた「はちきょう」へ電話。
すると満席だという悲しい事実・・・
仕方なく、メニューもサービスも同一の姉妹店「おやじ」ってお店に電話。
ギリギリ入れそうなのですぐ向かう。


そしてメニュー見てまた悩む。どれもウマそう。
ウマくないわけがない。

そしてこの店に来たら絶対頼んでやろうと思っていた「つっこ飯」を軸に
「ほっけ」「生牡蠣」「カニアボガドサラダ」「つぶ貝の刺身」などを注文。

014.jpg


013.jpg


012.jpg


そしてやってきた「つっこ飯」に驚愕。

白いご飯だけ運ばれてきて、その後に店員さんがボウルいっぱいのイクラを持ってきて
「ウィッさー!」って言う掛け声と共にイクラをご飯の上にかけていくんです。
それが尋常じゃない量のイクラを!
こぼれるギリまで入れてくれるんです!

と言う事でこれが噂の「つっこ飯!」


011.jpg



大満足です。
この店にして良かった。


そんな感じでグルメ旅行の2日目は終了。

posted by サトパー at 02:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道 初日

マイレージと休暇が一緒に貯まったので北海道へ。
久々の家族グルメ旅行を決行しました。

今回は2泊3日と言う小旅行なので、その2日半の間にどれだけ北の幸が喰えるかが肝です。

と言う事で6月22日、お昼13時の飛行機でぶっ飛びました。
飛行機って速いんですね
たった1時間半で北海道に着いてしまうのですね。
分かってたけどビックリです。

この日はグルメ旅行の為に朝ご飯は喰わずに家を出た。
なので腹ペコです。
すぐにでも千歳空港で何か食いたかったけど、タイムテーブル上はまだ喰えません。

今回、綿密なタイムテーブル、いや、グルメテーブルなるものを作成して行ったのです。
下手に中途半端に何か食べてしまうと、肝心なモノが食べれなくなる可能性もあるので
まず、絶対に喰わなければならないリストを作成し
更にそれを遂行できるよう、食のテーブルもきちんと立てました。

と言う事で千歳では食べるのを我慢して、電車ですすきのへ向かいます。

16時前ぐらいにすすきのに着き、早速胃袋解禁です。

予定通り最初のグルメは、味噌ラーメンの「信玄」へ。
(今回、札幌在住の方々に諸々情報を頂いたので助かりました)

信玄の「信州こく味噌ラーメン」?、たしかそんな名前の味噌ラーメン。
これが絶品だ、いや、世界一だ!とまで断言されたので食べてみたら

ホントに世界一でした。
超ウマかった。
001.jpg


ホントはチャーハンとかライスとか餃子も一緒に食べたかったんですが
次があるので味噌ラーメンだけで1軒目終了。

そしてその足でジンギスカンの店「だるま」に向かいます。
ちょうど開店時間の17時だったので待つことなく入店。

ここは何度か来てるので間違いないです。
ウマいです。
007.jpg


お腹も7割満たされました。


んで今日のサブメインのお寿司へと向かいます。
これから行く寿司屋は回転寿司らしいのですが、北海道の方が全員「ウマい!」って豪語する店です。

レンタカーを借りて回転寿司屋「トリトン」へ行くと、18時前にもかかわらず結構並んでます。
家族連れで賑わってます。
お店の人にどのぐらい待つか確認すると「40分ほど」だそうです。

早く喰って次の町へ移動しなきゃならんのですが
他の店舗に電話してもどこも混んでる・・・
さすが北海道で人気の回転寿司屋!

しかたなく待つことに。


待つこと45分ぐらい。

やっと入店でき、まずは大好きな「えんがわ」、そして「甘エビ」など
いつものコースで頼んでいきます。

途中で「貝の3種盛り」や「アナゴ」でビックリさせられ、メインの「ウニ」
更には溢れんばかりの「カニ」
004.jpg


002.jpg


003.jpg


005.jpg

ヤバいっす。回転寿司の概念を取っ払ったマイウーなネタばっかです!
こんなに美味しい寿司ならなんぼでも喰えます。


って事で腹いっぱい!


もうだいぶ満足しましたが、今宵の大トリへ行かなければなりません!

札幌市から車で2時間、今夜は旭川でフィナーレを飾ります。


と言う事で夜22時。
急いで下調べしておいたジンギスカンのお店「大黒屋」へ。
ラッキーな事に空いてます!
まぁいつも混んでるのか空いてるのか知らないけど、この日は空いてました。
そしてネットで気になってた「生ラムジンギスカン」を注文!

006.jpg


これがまたウマいんです。
表面だけ焼けばレアな状態でも食べれるらしく
まさに俺好みのお肉。


と言う事で駆け足で書いてきましたが、これが北海道グルメ旅行の初日でした。

皆さんもマイレージ貯めて北海道へ行きましょう!
posted by サトパー at 02:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

南野さんへ

命日の今日、追悼GIGが華やかに終了しました。
南野さんのバンド仲間、先輩、後輩、仕事仲間、様々なミュージシャンが友情出演して下さいましたよ。
そしてご遺族支援金もこの二日間で「1095850円」集まりました。

あの天下のBOOWYの高橋まことさんもトップバッターを快く引き受けてくださいまして
更にはビックリするぐらいのお香典を頂きました。
まことさんに「BOOWYの印税ですね?」って言ったら引っぱたかれましたけどwww

そんで機材トラブルで時間が掛かってしまい、皆様にご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。
バックステージではスタッフ皆で「南野さんの仕業だよな」って話してました。
そんな機材トラブルもLOFTスタッフのご協力のもと、
その場で修理したりしてその後のライブに影響する事はありませんでした。

当然、押すだろうと予想していたイベント
ベテラン揃いで皆様が協力して頂いたおかげでリハーサルはオンタイムで終了。
しかし本番っでは機材トラブル、そして我ら30%LESS FATのMCで押すという事実www

まぁいいっすか?

一回、南野さんの現場で3時間ぐらい押した事ありましたもんね?
それに比べたら可愛いもんです。

南野さんの同僚「ジョイまっくす」さんもこの日の為に出演してくれましたよ。
ロックミュージシャン勢ぞろいのアウェイの中、元気良くMCで盛り上げてくれました。


しかし、南野さんの周りの人は皆熱い人ばっかっすね。
打ち上げ最後の大塚店長の「南野先輩ありがとう」と言う締めの言葉にも感激しました。


イベント内容はとても楽しかったんじゃないでしょうか。
長かったけどw
それでも各ジャンルのバンドマンが想いをぶつける、そんなステージ
他では見れない最高のライブイベントになったと思います。


平日の月曜にもかかかわらず、数多くの方が見に来てくれて
更には実際に来てくれた方の倍近くのチケットが売れるという
来場に来れなかった人の援護もあり
ホントに素晴らしい、南野会が一丸となった日でしたね。

南野さん、こういうの恥ずかしいでしょ?
絶対恥ずかしいよね?
あの場に居たら「いいよ、いいよ、こっそり帰ろうぜ!」って逃げてたでしょ?

でも毎年続きますよ!
南野さんの為ばっかりじゃないから。
あの可愛い3人の娘ちゃんの為でもありますから。
何よりも俺たちの憤りのぶつけ場所でもあったりするんですし。
ってゆうか同窓会に近いですねw



この支援活動に対して、批判的な事を言ってる人達もいるらしいけど
俺は全然気にしませんし、多分誰も気にしてないと思う。
言いたい奴には言わせとけって感じです。

「遺族年金あるでしょ」とか「補償があるんでしょ」とか
額も知らねぇで言ってる奴にはいちいち説明する必要もないかな。
まぁそんな迷惑かけてるつもりねぇし
そこそこの大人たちが皆考えてこうやって集まって支援してんだから
誰にも咎められる必要はないです。

ただただ前を向いて皆で応援して行くだけですから。

だから南野さん、ちょっと恥ずかしいかもですけど我慢してねw
心配しないでもご家族に不自由はさせませんから。


あ、昨日、博多公演を終わったニューロティカのメンバーも駆けつけてくれましたよ。
先日のロティカワンマンの打ち上げでさえ夜中にはメンバー帰っちゃってたのに
昨日の打ち上げには最後まであっちゃんNABOちゃんが居てくれました。
うちのボーカルもノンアルコールで朝まで居ました。
もちろん茂さんもJOEさんも最後までいらっしゃいました。
タダスケさんも金沢から駆けつけてLOFTうどんを作ってくれました。
なんだか小滝橋のLOFTにいるようでした。

この光景を見て天国で苦笑いてる南野さんが目に浮かびます。


あとね、南野さん家からもらって来たシャレオツなジーンズ
ダイエットの効果あって、昨日のステージではけましたよ!
楽屋で皆に大笑いされましたけど
ちゃんと穿けてましたよ!


近々お墓のほうにゆっくり報告しに行きますね。
posted by サトパー at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

支援活動@リキッドルーム

数日前、ゲーム会社の社長でもあり、バンド「milktub」のボーカルでもあるbamboo氏から連絡があった。
「遠藤会の日に募金箱と写真持ってきて下さい、支援金募りますから!」って。

「遠藤会」と言うのは、アニソン会の頂点に君臨するJAM Projectのメンバーの遠藤さんを中心とした会の事。
その遠藤会主催の「漢祭り」と言うイベントが本日リキッドルームで開催されたのです。

漢祭りのオーガーナイザーのbamboo社長は、そのイベントで南野さんのご遺族支援の募金を行ってくれると言う。
ありがてぇ話です。

今日は自ら現場を取り仕切った上にバンドでの出演やMCで出ずっぱりの忙しさの中、
物販販売場で拡声器を持って支援活動を行ってくれたのです。

すげぇー頼りになる男だ。漢だ。

bambooの会社のモーリーとMIYA2さんにも多額の支援をして頂き、開場前の先行物販の際に支援活動開始。
(MIYA2さんは、支援するためにお小遣いをずっと貯めてきましたと言って、決して少なくない額を投入してくれました)
もちろんbambooもモーリーも「南野さんの為っすから」と言って、多額の支援をしてくれました。

そして何より、お客さんが沢山支援活動に協力して頂いたおかげで、本当にビックリするほど集まりました。

この場を借りて心よりお礼申し上げます。
本日集まった支援金は「295,247円」です。
本当にありがとうございました!
milktub.jpeg


支援活動をすすんで提案してくれたbamboo、支援活動の場を与えてくれた遠藤さん、出演者、スタッフの方々
南野さんを知らない人までもが全員快くご協力して頂いたおかげです。
感謝しかありません。


募金の際にbambooに「本当にありがとね」って言ったら
彼は「俺に出来る事が今はとりあえずこれぐらいしかなくて申し訳ない」
更に
「最低でも娘さんが二十歳になるまで続けますよ!」って。


募金しながら涙が出そうになったけど言わなかった。

「そんなもん、皆で協力して金集めりゃいいんですよ、ロックですから」ってbamboo。


そしてもう一つ
bambooが「南野さんと約束した『BGM FesでZeppを満員にする』ってのがまだ果たせてないんでね、それが心残りなんっすよ」って言ったんですが
去年のbamboo主催のイベント「BGM Fes」は、俺から見たら二日間ともZepp満員だったように見えるけど。

「いや、SOLD出来なかったんですよ、だから約束守りますよ!」って言ってた。

SOLD出来なかったって言っても二日間で4000人以上動員してんのに、約束の為に次はSOLDさせるって。
ホントに頼もしいやつです。


ちなみに今年、
南野さんが勤めてた会社のゲームのブランドのイベントが7月にTOKYO DOME CITY HALLで二日間行われるんですが
そのイベント「キラルナイト」の去年の会場はZeppでした。
2000人以上も動員するビッグなイベントです。
その「キラルナイト」も南野さんが下北沢CLUB 251から始めたんですよね。
毎年確実にステップアップして動員を増やし、今じゃ2000人ぐらい速完する勢いのイベントです。
言うたら、この手のゲーム音楽のイベントのハシリと言っても過言じゃないと思う。
物凄い情熱とパワーで新しいイベントを企画したり、そりゃ無茶だろうって事の突破口を開いたり
ホント面白い人だったんよね。

ちょっとでも面白そうってなれば、どんな面倒な事でも自ら突っ込んで行ってました。
誰かがやってる事を真似するだけなら、さほど難しくない。
先の見えない新しい事をリスクを背負ってやる勇気と行動力が持ってる人間が魅力的だと思う。

今日の「漢祭り」だって、かなり画期的な内容だったと思う。
色々新しい仕掛けがあって、bambooらしい面白いイベントだった。
そういうのを自らすすんで作って行くからこそ、人がついてくるんだろうな。
今日改めて感じだよ。

良い勉強になった。

魅力的な人間には、魅力的な人間がついてくるんだね。


bambooも南野さんもその点ではスゲー似てるなぁ。


書いてるうちに訳わかんなくなっちゃったけど
ありがたくて長文になっちまいました。

あ、日付が変わって南野さんの命日だよ。
今日は新宿ロフトで「南野会」ですよ。
天国から笑って見てやって下さいね。

本日集まった「295,247円」は、今日責任を持ってご遺族にお渡しします。

何度も言うけど、本当にありがとうございました。
posted by サトパー at 01:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

6月11日 帰京

昨夜、ライブ会場を出てホテルに向かったメンバーとスタッフは、誰も自分の部屋に戻ろうとしませんでした。
一人になりたくないんです。
本当に怖いんです。
何が怖いのか説明出来ませんが、一人になった瞬間にダメになりそうな気がしたんかな。

結局、俺の部屋を本部として開放し、お茶とお弁当(楽屋では誰も食べてないので)を置いておき
少しでも何か食べるよう皆さんに言うのですが、誰も食べれませんよね。
そして一人にないたくないと言う事で、近くの居酒屋に何となく出かける人や
俺の部屋で情報を待ってる人や、誰かの部屋で集まって喋る人や
何だかよくわからない夜が明け、東京に帰る日がやってきました。

メンバーの大半を乗せてきていたグランドキャビン号は、証拠品として押収されてしまったので
1台に機材を詰め込み、もう一台にスタッフだけ乗せ東京に帰る事にしました。

一睡もしていない人たちが殆どだったので、帰りの事故が怖かったのもあり
メンバーは全員新幹線で帰す事になりました。

しかしスタッフを気遣ってくれた磯江さんが機材車に同乗する事になり、磯江さんとZIZZスタッフで機材車を
もう一台は俺とジョイさんで帰るつもりだったけど、HIDEKIさんも同乗してくれて3人で。

無理しても仕方ないからゆっくり帰りましょう。
あの時、HIDEKIさんが一緒に乗ってくれなかったらもっと辛かった。
俺とジョイさんだけだったら泣いてばっかでなかなか東京着かなかったよ・・・。

それでも泣くのは帰ってから、今は運転に集中!
そしてサービスエリアで休憩に入ると、外に出て泣いているジョイさんとか。
もう少しだから頑張りましょう。

帰る途中に気づいたんだけど、人ごみが怖くなってたみたい。
トイレに行くのはいいんだけど、後ろを人が通る度にドキドキしてました。
変な奴じゃないかとか、急に襲われるんじゃないかとか
しばらくはこのトラウマみてぇな症状が続きましたね。


そしてHIDEKIさんを途中で降ろし東京に無事到着。
木村さんのバンドメンバーさん宅に機材を降ろしに行って顔見て安心したり
電話で東京に入った事を連絡して安心してもらったり
なかなかキツイ道のりだったけど
南野さんと一緒に帰って来れなかったのが一番寂しい。
大阪離れたら離れたですげぇ寂しかった。

あとは家に帰って号泣ですよ。
男のくせに声出してわんわん泣いてやりました。



今まで、知人にしか語って来なかったけど、去年のあの日はこんな感じだったのです。

このあとに通夜・葬儀をして、すぐさま仙台でGEORIDEライブを行い、
更には東京でツアーファイナルを行った3アーティストの偉大さと
そのアーティストの気持ちを動かし続けている南野信吾って人の事を少しでも分かって欲しくて
でも何をどう伝えたら良いのか分からないので、ありのまま書いてみた。

東京に着いた次の日、色々な方からメールを頂いた。
南野さんと仕事上で付き合いのあった人たちからのメール。
それらの多くには「南野さんには大変お世話になった」と
更に「あの人の情熱は凄かった」と
皆が皆、口を揃えて同じ事を書いていたのが驚いた。
あの人は音楽で業界を変えようとしていた。
そう多くの人が思っていたらしい。

南野さん自身アーティストであり、そして裏方であり
だから演者の気持ちも分かるし、スタッフの気持ちも分かる人だった。
俺にはずっと「バンドは続けなよ」って言い続けてくれた。
例えば仕事で「この日空いてる?」って南野さんが言った時に、
俺が「その日は30%のリハなんです」とか答えると
どんなに急がしい現場があろうと、人が足りない状況だろうと
「それならOK、リハ行って来ていいよ」って言ってくれた。

俺がバンドを続けられるよう最大の配慮をしてくれる人だった。

南野さんがよく「今は多く給料出せないけど、最終的に困ったらあの会社に入れてやるから」って言ってた会社があった。
そん時は冗談レベルの話でいつも笑って聞いてたんだけど
南野さんが亡くなった後に、その言ってた会社から本当にお誘いを頂きました。
まさかそんな根回ししていたとは思えないですが
でもホントになんかあったら俺がそこで働けるよう、何かしらの計算が働いてたんだと思う。

それが今働かせてもらってる会社なんですけどね。
ホントに南野さんの言うとおりになっちゃいましたよ。


たまに南野さんから、仕事あげるからって言われて呼び出されて
でもどう考えてもそんなにやる事ない現場だったりして
「俺今日これでギャラもらって大丈夫ですか?」って訊くと
南野さんは
「大丈夫、大丈夫、とりあえず顔売っておけばいいから」とかそんな事まで考えてくれてました。


南野さんの事を書くと本一冊出来るぐらいになってしまいます。
ホントは命日に併せて本を出版してやろうかと思いました。
3人の可愛い娘ちゃんの生活の為に。
でもなかなかうまくいきませんでした。

俺が今出来ることは、娘ちゃん達の笑顔を絶やさない事です。
その為だったら何でもします。
そう思わせる程、魅力に溢れた先輩だったんですよ。
南野さんを知らない方の為に、俺は南野さんの事をいっぱい語って行きたいと思います。

たまにどうしようもなく適当な人だったけど、面白い人ですよ。

葬儀の次の日の仙台公演の行程表を確認したんですが
東京から仙台までの移動時間が2時間となってました(笑)
あなた飛ばすからって、いくらなんでも無茶ですよ!
皆で南野らしいなぁ〜って笑ってましたけどね。


いとうかなこさんの今後発売されるCDには、ずっと
「Special thanks 南野信吾」のクレジットが入るみたいです。
どんだけサンクスなんですか!


今日は、泣かずに書けたw
もうちょっと葬儀の様子とか仙台公演の様子とか東京ファイナルの事とか
色々書きたかったけど、なんか言いたいことある程度言えたような気がする。

とりあえずGEORIDEツアーと南野さんについて書いてみましたが


今日はもう寝ますね。
posted by サトパー at 03:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。